vim

vimは、vi から派生し、発展した高機能なテキストエディタ 詳しくは、こちらを参照 $HOMEの下に導入する方法です。

コンパイルやらインストール作業用のディレクトリを作成

ホームディレクトリの下にtmpディレクトリを作成し

% mkdir -p $HOME/tmp

ソースアーカイブのダウンロードして展開、そしてパッチ

http://www.vim.org/からvimのソースアーカイブをダウンロードし、すべて同じディレクトリに展開します。vim7.2リリース後の修正パッチも大量にリリースされているので、これらをまとめて段ロード、反映します。

% cd $HOME/vim/src
% wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/unix/vim-7.2.tar.bz2
% wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/extra/vim-7.2-extra.tar.gz
% wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/extra/vim-7.2-lang.tar.gz
% tar jxvf vim-7.2.tar.bz2
% tar zxvf vim-7.2-extra.tar.gz
% tar zxvf vim-7.2-lang.tar.gz
% cd vim72
% mkdir patch
% cd patch
% curl -O 'ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.2/7.2.[001-446]'
% cd ..
% cat patch/7.2.* | patch -p0

vimのコンパイルとインストール

configureコマンドの最後のprefixオプションが肝。

% ./configure --enable-multibyte --enable-xim --enable-fontset \
                    --with-features=big --prefix=$HOME/vim
% make
% make install

環境設定

便利に使えるように環境設定をします。

PATHに$HOME/vim/bin を追加
alias vi=vim
alias view="vim"
export EDITOR vim
vim $HOME/.vimrc
 " .vimrc for vim
 set shiftwidth=4
 set nolist
 set number
 set ruler
 set showmode
 set autoindent
 set showmatch
 " エンコーディング関連
 set ffs=unix,dos,mac " 改行文字
 " 文字コードの自動認識 適当な文字コード判別
 set termencoding=utf-8  "ターミナルがUTF-8の場合
 set encoding=utf-8      "ターミナルがUTF-8の場合
 set fileencodings=iso-2022-jp,utf-8,cp932,euc-jp

UNIX


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-24 (火) 01:33:36 (2743d)