mt2tdiary.pl 説明ページ

必ずお読み下さい

特長

  1. MovableTypeのデータをtDiaryのデータに変換します。
  2. MovableTypeのデータは、エクスポートデータを利用します。
  3. tDiaryのデータは、tDiary2(text)タイプとして作成します。
  4. その他、以下の状況下での動作確認を行っております。
    MovableTypetDiary
    Version3.33-ja2.1.4.20070126
    File TypeExportTexttDiary2(text)
    File Codeutf8euc
    style----Wiki
    OSMacOS X 10.4.8
    これ以外の環境下でも利用出来る可能性はあります。 これ以外で利用された方は、みのまでご連絡を頂けると嬉しいです。

ダウンロード

以下のファイルをダウンロードして下さい。

#ref(): File not found: "mt2tDiary.pl" at page "mt2tdiary.pl"

使い方

  1. MovableTypeでエクスポートデータ作成 MovableTypeの管理画面より「エントリーの書き出し」を行い、エクスポートデータを作成します。 エクスポートデータのファイル名は、mt-export.txtとして下さい。
  2. mt2tdiary.plをダウンロード
  3. エクスポートデータとmt2tdiary.plをサーバへ転送 perlが実行可能なサーバへエクスポートデータとmt2tdiary.plを転送します。 エクスポートデータとmt2tdiary.plは同じディレクトリに転送して下さい。 稼働中のtDiaryのデータディレクトリの1階層上のディレクトリです。 tDiaryのデータディレクトリとは、tdiary.confの@data_pathに設定したディレクトリです。
    (注)
    稼働中のtDiaryのデータへ直接変換を掛けますので、予めデータディレクトリの
    バックアップを行っておくことを御勧めします。
  4. mt2tdiary.plを実行 サーバに入って、エクスポートデータとmt2tdiary.plを転送したディレクトリに 移動して、mt2tdiary.plを実行します。
    % cd  転送先ディレクトリ
    % perl mt2tdiary.pl
        MovableType to tDiary 0.1
        MTFile : mt-export.txt
        tDiary : ./tdiary
        line      = (行数)
        item      = (記事数)
        comment   = (コメント数)
       TrackBack = (トラックバック数)
  5. tDiaryデータを確認 転送先ディレクトリに、tdiaryのディレクトリが作成されているので確認します。
    % ls -lR tdiary
  6. tDiaryでデータを確認 tDiaryのページでMovableTypeにあったデータがあることを確認します。 カテゴリを利用している場合、管理画面で「カテゴリインデックスの作成」を行って下さい。

参考ページ

変更履歴

変更日バージョン内容
2007/02/040.1新規リリース
2007/03/080.2&xxx;形式の変換追加と独自コード削除

[フリーCGIみの]


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-03-08 (木) 13:23:05 (4907d)