[前提]
 ・プライマリ・データベースとなるDBがアーカイブモードで運用されていること。
   「アーカイブモードの設定」参照。
 ・プライマリ・データベースのOS、ORACLEのバージョンがパッチレベルまで同一である
  スタンバイ・データベース用のマシンがあること(プライマリと同一マシン上でも可能)
 ・スタンバイ・データベースの物理構成がプライマリと同一であること。(違っても可)
 ・読み取り専用モードでスタンバイを稼動させる場合、プライマリの一時表領域は、
   ローカル管理の表領域で作成しておく。

[構築手順]

0)プライマリの状況を確認する。

  1.データファイルの確認     SQL> SELECT name FROM v$datafile;
  2.制御ファイルの確認       SQL> SELECT name FROM v$controlfile;
  3.オンラインREDOログの確認 SQL> SELECT member from v$logfile;
                            SQL> ARCHIVE LOG LIST;

1)プライマリのデータファイルにより、バックアップを作成する。

  1.データベースをシャットダウン
  2.データファイルのコピーを作成
     % tar zcvf /udb2/BACKUP/datafile.tar.gz データファイル
  3.初期パラメータ等の設定ファイルのコピーを作成
    $ORACLE_HOME/dbs/initsptest2.ora 
    $ORACLE_HOME/network/admin/listener.ora
    $ORACLE_HOME/network/admin/tnsnames.ora

2)プライマリで、スタンバイ用の制御ファイルを作成する。

  1.データベースをマウント状態で起動 
    SQL> startup mount
  2.制御ファイルの作成
    SQL> ALTER DATABASE CREATE STANDBY CONTROLFILE AS ’/udb1/BACKUP/control.ctl’;
  3.データベースの再起動

3)バックアップしたデータファイルと制御ファイルをスタンバイに転送する。
 データファイルと制御ファイルをスタンバイにFTP転送する。BINARYモード。
  ・初期設定ファイル、Net8設定ファイルも、転送する。
  ・コールドバックアップのため、オンライン、アーカイブREDOログは不要。
  ・ローカル管理の一時表領域に関するデータファイルも不要。
   あとで、スタンバイ側に手動作成する。

4)スタンバイにリスナーを構成する。
 プライマリのlistener.oraを元に、スタンバイのlistener.oraを作成。
 HOST名を変更する以外特に変更する部分はない。

5)スタンバイの初期化パラメータを作成する。
 プライマリのinitSID.oraを元に、スタンバイのinitSID.oraを作成。
 リスナーのHOST名を変更する以外特に変更する部分はない。

6)スタンバイのインスタンスを起動して、スタンバイとしてマウントする。

  1.データベースをマウントせず、起動
    SQL> STARTUP NOMOUNT
  2.スタンバイとしてマウント
  SQL> ALTER DATABASE MOUNT STANDBY DATABASE;

7)読み取り専用モードでの一時表領域の作成
 読み込み専用モードになった場合の一時表領域(ローカル管理)を作成
  SQL> ALTER TABLESPACE TEMP ADD TEMPFILE ’データファイル名’ SIZE サイズ;

8)スタンバイの状況を確認する。

  1.データファイルの確認     SQL> SELECT name FROM v$datafile;
  2.制御ファイルの確認       SQL> SELECT name FROM v$controlfile;
  3.オンラインREDOログの確認 SQL> SELECT member from v$logfile;
                            SQL> ARCHIVE LOG LIST;

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS