* 昴(すばる)倶楽部 8 2000/05/01

[何か、昴の様子が変だ!]
 通院と薬の服用で、平穏な日々を過ごしていましたが、「てんかん」の発作から逃
れることはない昴でした。それが、また、とんだ事件を起こしました。
 ある日の晩、私は、晩酌をするので、その日も仕事の疲れを癒すために、我が家で
帰宅後飲んでいました。その晩のつまみは、10cmちょっとくらいある竹串にささ
ったつくねです。何本かありましたが、数本を残したように思います。次の朝、食卓
テーブルの上には、残ったつくねが、まだ皿にのってありました。そのまま家を家族
が、留守にするわけにはいきませんから、当然、その皿は、昴の届かない台所へ片付
けられました。
(後になって考えてみると、このとき気づけばよかったのですが、これが事件の原因
 だとは思いもよりませんでした)
 何事もなく、数日が過ぎようとしていましたが、だんだんと昴の異変を家族のだれ
もが感じるようになりました。何か元気がありません。食欲も今ひとつない感じがし
ます。発作の前兆とも違うようです。いつものバロメーターのしっぽも、ちょっと下
がりぎみです。何かありそうだ!
 ある夕方、散歩に行っても、いつもなら元気よく歩く昴ですが、妙に歩くスピード
がのんびりしています。時々、しゃがみこむようなしぐさもします。すると、突然、
「キャイン!」と鳴いて、その場に座り込んでしまいました。リードを引くと苦しい
様子が感じられます。これは、何かあるぞと思い、急いで病院へ出かけました。
 病院では、さっそく診察、獣医さんが腹部をおさえると、何だか痛そうなそぶりを
する昴です。そして、レントゲンによる検査をしてみて、びっくり仰天しました。何
か入っている。それも棒のような影が見えます。胃か腸のあたりにあって、外から出
すわけにはいきません。入院して手術をするほかありません。その夜は、病院に昴を
おいてきました。次の日、手術が終わった後に、何が入っていたのか聞きに行くとと
もに、様子を見に行くことにしました。
(いつも家の中に居るはずの昴が、初めて居なくなり、我が家は、ちょっと雰囲気が
 変わったみたいな夜でした)

[まさか、そんなものが……]
 翌日、手術の結果を聞きに病院へ出かけ、またまたびっくり仰天です。獣医さんか
ら見せられたものは、あの竹串でした。まさかそんなものが昴の腹部に入っていよう
とは、夢にも思いませんでした。そして、獣医さんも驚いたことは、普通なら突き刺
さってしまう状態のものが、まるで丸飲みしたような形で腹部の中に入っていたとい
うのです。そのため、しばらくの間、何の反応もなかったのではないかと考えられま
す。まさに、奇跡でしょうか?「九死に一生を得る」といった具合です。
 手術も無事に終わり、腹部の縫い跡も生々しい昴ですが、元気だけはあるので3日
後、我が家へ連れて帰りました。しかし、縫い跡を昴自身が舐めて、バイ菌が入って
化膿してはいけないと、首から頭をすっぽりと覆うように、ラッパのようなカバー(
まるでエリマキトカゲのように)が付けられています。水を飲んだり、食事をしたり
するのは、ちょっとたいへんですが、縫い跡がしっかりとくっつくまでは仕方ありま
せん。1週間あまりは、その状態で過ごさせました。
 その後、傷も治り、元気を取り戻すと、また、やんちゃな昴に戻りました。
(第6号に書いたように、昴には前歴があるので、口にするものには注意していたわ
 けですが、これは私たち飼い主の責任だと反省しています)

 九死に一生を得て、元気になった昴が、次にとった行動は…………?

《昴NOW・4月編》
 
 4月に入り、温かくなったせいか、昴の調子も安定していました。そのため、温か
い日をみつけては、外に連れていきました。とても生き生きとして、うれしそうな姿
が見られました。しかし、発作は2回ありました。元気がいいなあと思っていても、
いつ発作が起こるのか、様子を見守る毎日は続いています。自分も年度始めで仕事が
忙しくて、かわいそうな思いを昴にさせていると反省しています。

2回ありました。、
----
[[昴倶楽部/7]] - [[昴倶楽部]] - [[昴倶楽部/9]]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS