Solaris7 Install for Intel ISP2150

1.Device Configuration Assistant FDを入れる。 2.SOFTWARE CDを入れる。 3.Boot From FD 4.Activate Configuration で New Configurationを選択 -> F2 5.Device Configuration Assistant -> F2 -> Scan Devices.... 6.Identified DevicesでDeviceを確認 -> F2 -> Devices Loading... 7.Boot Solaris MenuでCDを選択 -> F2 8.Select Installation -> Solaris Interaction選択 -> F2 -> booting... 9.Solaris Installation Program -> F2 10.kdmconf Introdaciton -> F2

   Window System関係の部分なのでパスしてもOK。Install,Reboot後、再び聞かれる。
   パスしないと、以降のInstallがXでのInstallになる。今回はパス。

 -Window System Configurationの確認 -> No Changes 選択 -> F2

 -Window System Test -> F2
 -X表示されるのでOKであれば、YES

11.Identify This System -> F2 12.Host Name,IP Configuration

 -Host Name:xxxxxxx
 -Network Connectivity: YES
 -IP Address: 192.168.*.*
 -Confirm Information -> F2

13.Name Service Configuration

 -Service: DNS
 -Domain Name: **.**.**
 -Domain Server Address: 192.168.*.* and 192.168.*.*
 -Search Domain: なし

 -Confirm Information -> F2

  なぜか、DNSが引けないようでエラーとなってしまった。
  更にネームサービスを設定するか聞かれるけど、インストール終了後にやればOKだから、NO

14.Subnet Configuration

 -YES
 -255.255.254.0

15.Time Zone(10.でXを設定してX Installを行った場合、10.直前で聞かれる)

 -Asia Eastern
 -Japan

16.Date and Time 17.Solaris Interactive Installation -> F2 18.Allocation Client Services -> F2 19.Select Languages -> Japanese EUC(ja) -> F2 20.Select Software -> Developer System Support(1986MB) -> F2 21.Select Disk -> c0t0d0 17520MB boot disk -> F2

  新品のDiskの場合、Disk Typeを必要がある。

22.Automatically Layout File Systems -> F2(Auto) 23.File Systems -> /,/usr,/var,/swap -> F2

  Auto Layoutするマウントポイントを指定する。後でカスタマイズするので適当。

24.File System and Disk Layout -> F4(カスタマイズ)

  0  /         54MB   ISP2150ではブートシリンダのサイズの関係でこれくらいがベストらしい。
  1  /var    1024MB
  2  overlap 全体サイズ
  3  swap    2048MB
  4  /usr    1024MB
  5  /home   5170MB    home and Oracle Product and System Database
  6  /udb1   4096MB    User Database 1
  7  /udb2   4096MB    User Database 2

25.Mount Remote File Systems -> F2(いらない) 26.Profile確認 -> F2 27.Reboot After Installation -> Auto Reboot -> F2

  これでInstallが開始される。Auto RebootにしたのでFDは抜いておく。

Install Reboot後

1./dev/dumpがないとエラーを出力、後でdumpadmを実行しろだそうだ。 2.kdmconf Introdaciton -> F2

   再び、Window Systemの設定。今回は実行します。-> F2

 -Window System Configurationの確認 -> No Changes 選択 -> F2

 -Window System Test -> F2
 -X表示されるのでOKであれば、YES

2.Network Configurationを行うが、やっぱり、なぜか失敗。 3.root Password設定

  Xが立ち上がり、Login画面が表示される。うざい。

4.X Login画面はうざいので、Options -> Command Line Login 選択 5.root でのログイン 6.ネットワークの設定

 Install時に失敗していたので、設定する。別紙、「ネットワークの設定」を参照。

7.いらないデーモンの停止 別紙参照 8.セキュリティ強化 別紙参照 9.ユーザ登録 別紙参照 10.必要なプロダクトソフトを導入 それぞれ、別紙参照

これで、使えるようになるはず。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-06-27 (月) 00:17:04 (5329d)