Solaris 7 では、eepromコマンドで output-device および input-device を シリアルポートに変更することにより、コンソール画面をシリアルポート経由にすることが 出来る。

・デフォルト設定の確認  # eeprom    <略>  output-device=screen  input-device=keyboard    <略>

・コンソール画面をシリアルポート(ttya)にする  # eeprom output-device=ttya  # eeprom input-device=ttya  # eeprom ttya-mode=9600,8,n,1,-  # eeprom ttya-ignore-cd true  # eeprom ttya-rts-dtr-off false

 又は、/boot/solaris/bootenv.rcを以下のように修正。

  #setprop output-device screen   #setprop input-device keyboard   setprop output-device ttya   setprop input-device ttya   setprop ttya-mode=9600,8,n,1,-   setprop ttya-ignore-cd true   setprop ttya-rts-dtr-off false

ちなみに、この操作を誤るとブート出来なくなってしまうことがある。 こんなときは、「Device Configuration Assistant FD」を用いてブートする。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-06-27 (月) 00:17:01 (5329d)