Solaris Intel上にOracle8i 8.1.6をインストールする。


■インストール要件


・128MB以上のRAM ・750MB以上のディスク容量 ・Solaris7 Intel 8/99以降、カーネルパッチPatch-ID#106542-07以上(uname -v) ・ULIMIT値の削除(/etc/default/login) ・Motifランタイムキット(SUNWmfrun):Developer System Supportを導入してあればOK ・カーネルパラメータのチューニング(/etc/system)  推奨値   set shmsys:shminfo_shmmax=4294967295:共有メモリセグメントの最大サイズ   set shmsys:shminfo_shmmin=1     :共有メモリセグメントの最小サイズ   set shmsys:shminfo_shmmni=100    :共有メモリ識別子の最大数   set shmsys:shminfo_shmseg=10     :ユーザプロセス共有メモリセグメントの最大サイズ   set semsys:seminfo_semmni=100    :セマフォ識別子の最大数   set semsys:seminfo_semmsl=100    :セットのセマフォの最大数(※1)   set semsys:seminfo_semmns=200    :システムのセマフォの最大数(※2)   set semsys:seminfo_semopm=100    :semopコールあたりの操作の最大数   set semsys:seminfo_semvmx=32767   :セマフォの最大数   ※1 PROCESSES + 10   ※2 SUM(PROCESSES)x2 + インスタンス数x10


■インストール準備



1.カーネルパラメータのチューニング

 /etc/systemファイルにSGAに割り当てるUNIXカーネルプロセス間通信(IPC)パラメータを

 追加する。概ね推奨値でよいが、semmslとsemmnsは稼動させるDB構成により調整する。  追加修正したらリブートする。 2.マウントポイントの作成  ORACLEプロダクト用に1つ、データベースファイル用に1つ以上のマウントポイントを  作成する。推奨は、データベース用として3つ。  今回は、    ORACLEプロダクト用 /home/oracle    データベースファイル用 /udb1 /udb2 3.アカウントの作成  ・ORACLEロール(SYSDBA,SYSOPER)用のUNIXグループを作成する。   % groupadd -g 400 dba  ・ORACLEインストール用のUNIXグループを作成する。   % groupadd -g 800 oinstall  ・ORACLEインストール用のUNIXユーザを作成する。   % useradd -u 800 -c "Oracle Owner" -d /home/oracle -g "oinstall" -G "dba" -m -s /usr/bin/csh oracle   % passwd oracle 4.データベースファイル用のマウントポイントのオーナーを変更する  % chown oracle /udb1  % chgrp oinstall /udb1  % chown oracle /udb2  % chgrp oinstall /udb2 5.oratabファイルの作成  % mkdir /var/opt/oracle  % chown oracle /var/opt/oracle  % chgrp oinstall /var/opt/oracle


5.環境変数、その他の設定(~/.cshrc等)  環境変数   DISPLAY   :Xサーバマシン名:0.0   PATH     :$ORACLE_HOME/bin:/bin:/usr/bin:その他   ORACLE_BASE :/home/oracle   ORACLE_HOME :/home/oracle/product/8.1.6   NLS_LANG   :JAPANESE_JAPAN.JA16EUC   ORA_NLS33  :$ORACLE_HOME/ocommon/nls/admin/data   ORACLE_SID  :sp1 or sp2   ORACLE_DOC  :$ORACLE_HOME/doc   TMPDIR    :/var/temp  umask 022 6.その他、オプション製品の導入をする場合は、そのオプション準備をする。


■インストール



1.ORACLE Install CD-ROMのマウント  % mount -F hsfs -o ro /dev/dsk/c1t0d0p0 /mnt


2.環境変数の確認   DISPLAY   :Xサーバマシン名:0.0 (注)   PATH     :$ORACLE_HOME/bin:/bin:/usr/bin:その他   ORACLE_BASE :/home/oracle   ORACLE_HOME :/home/oracle/product/8.1.6   NLS_LANG   :JAPANESE_JAPAN.JA16EUC   ORA_NLS33  :$ORACLE_HOME/ocommon/nls/admin/data   ORACLE_SID  :sp1 or sp2   ORACLE_DOC  :$ORACLE_HOME/doc   TMPDIR    :/var/temp   LANG     :C (注:Oracle Universall Installは日本語に対応していない)   umask 022 3.Installerの起動  % cd /mnt  % ./runInstaller

DISPLAYに設定したXサーバにOracle Universall Installが起動される。

a.Welcome -> Next b.File Locations -> Next c.UNIX Group Name -> oinstall -> Next d.orainstRoot.sh(新たなターミナルを開いてrootユーザで実行) -> Retry e.Available Products -> Oracle8i 8.1.6.0.0 -> Next f.Installation Types -> Typical(1023MB) -> Next g.Database Identification   Global Database Name -> g50b31 or g32b21.xxx.xx.jp   SID -> sp1 or sp2 -> Next h.Database File Location -> /udb1/SYSTEM -> Next i.Summary -> Next   Installation..........  Install途中で、以下の操作を要求される。   ・$ORACLE_HOME/root.shをrootユーザで実行


■インストール後


・oracleの起動、停止の確認  1./var/opt/oracle/oratabの編集   ORACLE_SID:ORACLE_HOME:Y

 2.$ORACLE_HOME/bin/dbhomeの編集

  47 ORATAB=/etc/oratab   47 ORATAB=/var/opt/oracle/oratab

 3.$ORACLE_HOME/bin/dbshutの編集

  15 ORATAB=/etc/oratab   15 ORATAB=/var/opt/oracle/oratab

 4.$ORACLE_HOME/bin/dbstartの編集

  15 ORATAB=/etc/oratab   15 ORATAB=/var/opt/oracle/oratab   64 /PL\/SQL (Release|Version)/ {substr($3,1,3) ;   64 /Oracle8i (Release|Version)/ {substr($3,1,3) ;

 5.dbhome,dbshut,dbstartの実行確認

・oracleの自動起動、停止の設定  1./etc/init.d/dboraの作成


#!/bin/sh ORACLE_HOME=/home/oracle/product/8.1.6 ORACLE_OWNER=oracle if [ ! -f $ORACLE_HOME/bin/dbstart ] then

       echo "Oracle Startup: cannot start"
       exit

fi case "$1" in start)

       su - $ORACLE_OWNER -c $ORACLE_HOME/bin/dbstart &
       su - $ORACLE_OWNER -c "$ORACLE_HOME/bin/lsnrctl start"
       ;;

stop)

       su - $ORACLE_OWNER -c "$ORACLE_HOME/bin/lsnrctl stop"
       su - $ORACLE_OWNER -c  $ORACLE_HOME/bin/dbshut &
       ;;

)

       echo "Usage: $0 { start | stop }"
       exit 1
       ;;

esac exit 0


2.ln -s /etc/init.d/dbora /etc/rc0.d/K10dbora
3.ln -s /etc/init.d/dbora /etc/rc2.d/S99dbora

UNIX Solaris Oracle


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-11-04 (金) 12:55:01 (5365d)