ORACLE-11.2.0 Install for RedHat

今回は、以下のプロダクトをRedHatにインストールした手順のメモです。

Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - 64bit Production V17530-01_1of2.zip / V17530-01_2of2.zip

インストール要件

今回は、旧DBからexpされたダンプファイルを新DBにimpするテンポラリーでインストール、impに合わせたDB構築を行うため、DBファイル等の配置(ファイル・システム)には考慮せず、ノーンアーカイブモードで作成。 従って、事前構成済データベース・タイプ「汎用目的、トランザクション処理」適用。 当然、Oracle自動ストレージ管理も利用せず。

旧DBの環境は、以下の通り。

OS: Solaris 8 (64bit) bigendian DB: Oracle 9.2.0.4.0 (64bit) コンパチブル初期化パラメータ 9.2.0.0.0 表領域のブロックサイズ 8192 ダンプ生成コマンドは exp NLS_CHARACTERSET =JA16EUC  (新DBのキャラクターセットに設定) NLS_NCHAR_CHARACTERSET=AL16UTF16 (新DBのキャラクターセットに設定) 表領域:SAMPLE (新DBの表領域として作成) ユーザ:SAMPLE (新DBのユーザーとして作成)

/tmp /u01 に十分な空き容量があること

インストール準備

  1. Xサーバー、クライアントの開始 Oracleのインストールには、サイレントモードでのインストール方法があるが、殆ど利用したことがないため、WindowsにXサーバー(Reflection X)を利用してインストール。 Xマネージャーを起動して、マイセッションを開始します。 XクライアントでDBインストールするホスト名、ユーザ名、コマンドを指定して、 Xクライアントを開始。コマンドは、(/usr/bin/gnome-session --display %IP#% &)
  2. 必要なパッケージをインストール OSに応じて必要なパッケージがあるため、Oracleインストールマニュアルを確認の上、必要なパッケージをインストールします。今回は、XE版を事前にインストールしたサーバーであり、yumコマンドが実装されているので新たにパッケージをインストールする必要はなかった。尚、Oracleインストール中に必要なパッケージがない旨がワーニングとして表示されるが、該当バージョン以上のパッケージが入っていたので無視してインストールを行った。
  3. カーネル・パラメータの確認と設定
    # cat /proc/sys/net/ipv4/ip_local_port_range
    # echo 9000 65500 > /proc/sys/net/ipv4/ip_local_port_range
    # cat /proc/sys/net/ipv4/ip_local_port_range
    # vi /etc/sysctl.conf
    fs.aio-max-nr = 1048576
    fs.file-max = 6815744
    kernel.shmall = 2097152
    kernel.shmmax = 4294967295
    kernel.shmmni = 4096
    kernel.sem = 250 32000 100 128
    net.ipv4.ip_local_port_range = 9000 65500
    net.core.rmem_default = 262144
    net.core.rmem_max = 4194304
    net.core.wmem_default = 262144
    net.core.wmem_max = 1048586
    # /sbin/sysctl -p
  4. ユーザ、グループの作成
    # /usr/sbin/groupadd -g 500 dba
    # /usr/sbin/groupadd -g 503 oinstall
    # /usr/sbin/groupadd -g 504 oper
    # /usr/sbin/groupadd -g 505 asmadmin 自動ストレージ管理用なので不要だった
    # /usr/sbin/groupadd -g 506 asmdba 自動ストレージ管理用なので不要だった
    # /usr/sbin/groupadd -g 507 asmoper 自動ストレージ管理用なので不要だった
    # /usr/sbin/useradd -u 500 -g oinstall -G dba,asmdba,oper oracle
    # passwd oracle
    # vi /etc/security/limits.conf ファイルに以下を追加(今回の値は適当)
    oracle soft nproc 2047
    oracle hard nproc 16384
    oracle soft nofile 1024
    oracle hard nofile 65536
    oracle soft stack 10240
    # su - oracle 上記の設定が反映されているか確認
    Oracle# ulimit -Sn ファイル記述子の設定(ソフト制限)
    Oracle# ulimit -Hn ファイル記述子の設定(ハード制限)
    Oracle# ulimit -Su 使用可能なプロセス数(ソフト制限)
    Oracle# ulimit -Hu 使用可能なプロセス数(ハード制限)
    Oracle# ulimit -Ss スタック設定(ソフト制限)
    Oracle# ulimit -Hs スタック設定(ハード制限)
  5. ディレクトリ作成、環境変数設定
    # mkdir -p /u01/app/oracle
    # chown -R oracle:oinstall /u01/app/oracle
    # chmod -R 775 /u01/app/oracle
    # mkdir -p /u01/app/oraInventory
    # chown -R oracle:oinstall /u01/app/oraInventory
    # chmod -R 775 /u01/app/oraInventory
    # su - oracle
    Oracle# export LANG=ja_JP.UTF-8
    Oracle# export ORACLE_SID=ora11g
    Oracle# export ORACLE_UNQNAME=ora11g
    Oracle# export ORACLE_BASE=/u01/app/oracle
    Oracle# export ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/11.2.0/grid
    Oracle# export LD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME/lib
    Oracle# export PATH=$PATH:$ORACLE_HOME/bin
    Oracle# export NLS_LANG=Japanese_Japan.AL32UTF8
    ※上記は、.bashrc に追記しておくと良い。
  6. インストールキットの展開とインストラーの起動 インストールキット(V17530-01_1of2.zip / V17530-01_2of2.zip)を /tmp にコピー
    Oracle# cd /tmp
    Oracle# unzip V17530-01_1of2.zip
    Oracle# unzip V17530-01_2of2.zip
    Oracle# cd database
    Oracle# ./runInstaller -jreLoc /usr/lib/jvm/java/jre
  7. インストラー画面
    1. セキュリティ・アップデートの構成 => 無視して次へ
    2. インストール・オプションの選択 => データベース・ソフトウェアのみインストールを選択して次へ
    3. ノードの選択 => 単一インスタンス・データベースのインストールを選択して次へ
    4. 製品言語の選択 => 日本語と英語が選択されているのを確認して次へ
    5. データベース・エディションの選択 => Enterprise Editionを選択して次へ
    6. インストール場所の選択 => Oracleベースとソフトウェアを適切に変更して次へ 本来、Oracleベースとソフトウェアは別なディスク領域が望ましい。 Oracleベースは、/home/oracle or /export/home/oracle
    7. オペレーティング・システム・グループ => dba等のグループを選択して次へ
    8. 前提条件のチェック => インストールを実行するための最小システム要件の確認をして次へ
    9. サマリー => インストールするソフトウェアの確認をして次へ
    10. 製品のインストール => インストールの進捗が表示されます。 インストールされると、rootユーザで新しいインベントリにroot構成 スクリプトを実行するように求められます。「次へ」をクリックします。 rootユーザでroot.shスクリプトを実行し「OK」をクリックします。

以上で終了です。詳細は以下を参照のこと。

Linux Installation Guides 「Databaseインストレーション・ガイドfor Linux」


UNIX Oracle


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-11-30 (金) 16:54:30 (2179d)