現状のデータベースの表領域がどのようになっているかを調べる方法です。

cmd[9:55am]: db2 (c) Copyright IBM Corporation 1993,1997

DB2 SDK 5.0.0 コマンド行プロセッサー

コマンド・プロンプトからデータベース・マネージャーのコマンド, および, SQL ステートメントを呼び出せます。たとえば:

   db2 => connect to sample
   db2 => bind sample.bnd

一般ヘルプには ? をタイプしてください。 コマンドのヘルプには ? command をタイプしてください。ここで command は, データベース・マネージャー・コマンドの主要なキーワードの いくつかです。たとえば:

? CATALOG DATABASE は CATALOG DATABASE コマンドのヘルプです。
? CATALOG          は全 CATALOG コマンドのヘルプです。

db2 対話モードを抜けるには, コマンド・プロンプトで QUIT とタイプしてください。 対話モード以外では,すべてのコマンドに接頭語 db2 を付ける必要があります。 現在のコマンド・オプションの設定をリストするには, LIST COMMAND OPTIONS とタイプしてください。

詳細は,Online Reference Manual を参照してください。

db2 => connect to vandbc user db2inst1 using ibmdb2

  データベース接続情報
データベース製品          = DB2/6000 5.0.0
SQL 権限 ID              = DB2INST1
ローカル・データベース別名 = DBNAME

db2 => list tablespaces

          現在のデータベースの表スペース
表スペース ID                   = 0
名前                            = SYSCATSPACE
タイプ                          = システム管理スペース
内容                            = 任意のデータ
状況                            = 0x0000
詳しい説明:
          通常
表スペース ID                   = 1
名前                            = TEMPSPACE1
タイプ                          = システム管理スペース
内容                            = 一時データ
状況                            = 0x0000
詳しい説明:
          通常
表スペース ID                   = 2
名前                            = USERSPACE1
タイプ                          = システム管理スペース
内容                            = 任意のデータ
状況                            = 0x0000
  詳しい説明:
          通常
   表スペース ID                     = 3
名前                                 = CUSTDAT
タイプ                               = データベース管理スペース
内容                                 = 任意のデータ
状況                                 = 0x0000
  詳しい説明:
          通常
   表スペース ID                     = 4
名前                                 = CUSTIDX
タイプ                               = データベース管理スペース
内容                                 = 任意のデータ
状況                                 = 0x0000
  詳しい説明:
          通常

db2 => list tablespace containers for 3

           表スペースの表スペース・コンテナー 3
コンテナー ID                        = 0
名前                                = /DATABASE/db2inst1/NODE0000/SQL00

001/CUSTDAT.01

タイプ                               = ファイル
コンテナー ID                        = 1
名前                                = /DATABASE/db2inst1/NODE0000/SQL00

001/CUSTDAT.02

タイプ                               = ファイル

db2 => list tablespaces show detail

          現在のデータベースの表スペース
   表スペース ID                     = 0
名前                                 = SYSCATSPACE
タイプ                               = システム管理スペース
内容                                 = 任意のデータ
状況                                 = 0x0000
  詳しい説明:
          通常
合計ページ数                         = 5086
使用可能ページ数                     = 5086
使用したページ                       = 5086
空きページ                           = 適用不可能
最高水準点 (ページ)               = 適用不可能
ページ・サイズ (バイト)              = 4096
エクステント・サイズ (バイト)        = 32
プリフェッチ・サイズ (バイト)        = 32
コンテナー数                         = 1
   表スペース ID                     = 1
名前                                 = TEMPSPACE1
タイプ                               = システム管理スペース
内容                                 = 一時データ
状況                                 = 0x0000
  詳しい説明:
          通常
合計ページ数                         = 1
使用可能ページ数                     = 1
使用したページ                       = 1
空きページ                           = 適用不可能
最高水準点 (ページ)               = 適用不可能
ページ・サイズ (バイト)              = 4096
エクステント・サイズ (バイト)        = 32
プリフェッチ・サイズ (バイト)        = 32
コンテナー数                         = 1
   表スペース ID                     = 2
名前                                 = USERSPACE1
タイプ                               = システム管理スペース
内容                                 = 任意のデータ
状況                                 = 0x0000
  詳しい説明:
          通常
合計ページ数                         = 1
使用可能ページ数                     = 1
使用したページ                       = 1
空きページ                           = 適用不可能
最高水準点 (ページ)               = 適用不可能
ページ・サイズ (バイト)              = 4096
エクステント・サイズ (バイト)        = 32
プリフェッチ・サイズ (バイト)        = 32
コンテナー数                         = 1
   表スペース ID                     = 3
名前                                 = CUSTDAT
タイプ                               = データベース管理スペース
内容                                 = 任意のデータ
状況                                 = 0x0000
  詳しい説明:
          通常
合計ページ数                         = 500000
使用可能ページ数                     = 499968
使用したページ                       = 44416
空きページ                           = 455552
最高水準点 (ページ)               = 44416
ページ・サイズ (バイト)              = 4096
エクステント・サイズ (バイト)        = 32
プリフェッチ・サイズ (バイト)        = 32
コンテナー数                         = 2
   表スペース ID                     = 4
名前                                 = CUSTIDX
タイプ                               = データベース管理スペース
内容                                 = 任意のデータ
状況                                 = 0x0000
  詳しい説明:
          通常
合計ページ数                         = 100000
使用可能ページ数                     = 99968
使用したページ                       = 13472
空きページ                           = 86496
最高水準点 (ページ)               = 13504
ページ・サイズ (バイト)              = 4096
エクステント・サイズ (バイト)        = 32
プリフェッチ・サイズ (バイト)        = 32
コンテナー数                         = 1

db2 => connect reset DB20000I SQL コマンドが正常に終了しました。 db2 => quit DB20000I QUIT コマンドが正常に終了しました。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-06-27 (月) 00:16:43 (4892d)