本/熱狂する社員

  • 企業に必要な人材とは
    • 情熱にあふれた経営者、管理者、社員である
    • それは、仕事、会社、同僚に対する『情熱』
  • 無関心な社員を情熱ある社員に変身させるには
    • 社員が求めているものを理解し、それを与える
    • そのものとは、以下のものと考えられる
  • モチベーションの三要素
    • 公平感
      • 雇用保証
      • 報酬
      • 敬意
    • 達成感
      • ビジョン
      • 権限委譲
      • やりがい
      • フィードバック 指導、絶対評価、相対評価、称賛、報奨、指揮
    • 連帯感
      • チームワーク
  • 仕事におけるプライド
    • 生産性の高い仕事をする
    • 価値ある能力を生かす
    • 重要度の高い仕事をする
  • 人には責任感と働く意欲が備わっている
    • その人に対して関心を払う人がいなければならない。
    • だから、フィードバックは大切であり、その結果は重要
    • それには、コミュニケーションが不可欠
  • では、社員の情熱とコミットメントを引き出すには
    • 経営、管理、社員間のパートナーシップを築くことである
    • 共通の目的に向かって共に働き、相手の利益やニーズに純粋な関心を持ち合う
    • ビジネス上の関係だけでなく人としての関係であり、信頼や善意であり、損得勘定や短絡的な考えを超えて人々の能力を引き出す関係

雑談

  • では、私がビジネス、仕事を行う上で目指していること それは、自発的な企業文化、カルチャーを育てる事。 トップダウンで行動することは日本社会では多々ある。しかし、その行動が「やらされ感」で行われることは好まない。 自発的な行動として行える企業文化を目指したい。自発的な企業文化によってもたらされるパフォーマンスは未知数となり、企業成長と社員の成長がもたらされると考えている。 では、自発的な行動出来る企業文化を作る、育てるにはどうしたら良いか? また、自発的な行動出来る企業文化を維持し続けるには、どうしたら良いのだろう? 自発的な企業文化は、経営層と社員、社員同士がビジョン、理念、目標などを共有し合いパートナーシップを結ぶことが前提にあるような気がしている。そして、少しのズレでもより早く発見して軌道修正するための共有が必要? 共有とは、コミュニケーションはもちろん、お互いを尊重し合う思考と行動。
  • 「自分のために働くことが絶対条件だ。会社だけがよくなって自分だけが犠牲になるなんて、そんな昔の軍隊のようなことは要求しない。」(本田宗一郎) -- 2011/06/09 (木) 08:04:30


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-07-11 (月) 21:26:25 (2686d)