健康全般/愛犬専用スペース

みなさんは、愛犬が安心して過ごせるスペースを確保されていますか? ここで私が言っているスペースとは、ケージやサークルのことを言っています。 可愛い犬だから、狭いケージやサークルでは可哀相と抵抗を感じていらっしゃる方も 多いのではないかと思います。実際、私もそう思っていたことがありました。 しかし、愛犬がケージやサークルで過ごせるようにトレーニングすることは、色々な 意味で非常に有効と考えています。その効果としては、

  • 犬を守る効果 家の中には電気のコード、毒性のある洗剤、飲み込みやすい小物など、子犬にとって 危険なものが沢山あります。子犬は赤ん坊と同じで、何でも口に入れて噛んだり舐め たり、飲み込んだりという行為をしてしまいます。いつも飼い主が目を光らせて監視 できれば良いのですが、忙しいときや外出中にはそうもいきません。ケージやサーク ルに入れておくことで、これら多くの危険を回避することができます。
  • 家具を守る効果 先程の言いましたが、子犬は好奇心旺盛で、物を噛んだりしますので、高価な家具や アクセサリーをかじられて壊されることもあるので、ケージやサークルに入れておく ことで、これらを守ることができます。
  • トイレ効果 犬は本来きれい好きな動物なので、本能的に自分の寝床付近では排泄はしたくないと いう感覚を持っていると言われています。これを利用して、ケージやサークルを寝床 として認識させることで、子犬時代は、自分の欲求のまま、したいときに、したい場 所で排泄をしてしまいますが、ケージやサークルで寝るような習慣が身に付くと、 ケージの中にいる間は我慢しようという感情が芽生え、我慢することを覚える効果を 生み出すようです。しかし、いきなり子犬に長時間の我慢をさせることは大変難しい ので、時間を掛けて徐々にケージに入れる時間を長くしていくべきでしょう。
  • 分離不安を防ぐ効果 どんなにあなたが犬を愛していようとも、毎日、毎時間、毎秒…いつもずっと犬と一 緒にいることは不可能です。ケージやサークルで隔離することで、ひとりで過ごす時 間に慣れさせることは非常に大切なことだと思います。
  • 子犬に休み時間を与える効果 子犬の活発な動きは見ているだけで幸せになるものです。しかし、子犬にとっては、 休む時間と言うのは非常に大切です。数分、数時間遊ばせたら必ず、ケージやサーク ルの中に入れて上げ、休ませましょう。当然、遊び疲れで寝てしまったら、そっと、 抱いてケージやサークルの中に入れてあげましょう。そうすることによって、ケージ やサークルは、犬にとって安らぐ自分専用のスペースであると認識して行くはずです。 ただし、よく悪さをした犬に対して、無理矢理ケージに押し込む人をいらっしゃるそ うですが、それは大きな間違いです。ケージやサークルを罰の場所として使ってはい けません。常に安らぎの場所としておいてあげることが大切です。

他には、旅行などに行くとき、ケージで過ごす習慣があれば非常に楽に、愛犬との楽 しい旅が出来るはずです。


情報ページ


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-06-14 (木) 23:25:57 (4606d)