設置方法

質問

アクセス権777とか、755にするってどういうことですか?

回答

ホームページにCGIを設置する場合、CGIファイルのパーミッションが重要になってきます。大抵のホームページサーバはUNIX環境のため。 念のため、ファイルのパーミッションとは、そのファイルのアクセス権のことで、 そのファイルに対する「読み込み権(r)」「書き込み権(w)」「実行権(x)」があり、 それぞれオーナー(所有者ユーザ)、グループ(所有者グループ)、その他単位に権利を設定するものです。 ファイルのパーミッションは755のように8進数で表現され以下の値を組み合わせて表されます。

オーナーグループその他
読込
書込
実行

それぞれ、縦方向に必要な権限を足して行って3桁で表現します。 (正確には4桁表現なのですがあまり意識する必要がないので省略しました)

・CGIファイル:755  全てのユーザが読み込み、実行が可能。書き込みはオーナーだけ。 ・データファイル:666  全てのユーザが読み込み、書き込みが可能。 ・HTMLファイル:644  全てのユーザが読み込み可能。書き込みはオーナーだけ。

また、CGIからデータファイルを新規に作成される場合、作成するディレクトリのパーミッションは、777としとくべきです。

以下に、アクセス権を変更する方法の一例を紹介します。

・TELNETの場合:  TELNETでサーバにログインしている場合は、コマンドラインから次のようなコマンドを入力します。

 chmod 755 ファイル名

・FTPソフトの場合:  テキストベースのFTP(FTP.EXEなど)を使用している場合は、FTPのコマンドラインから次のように実行します。

 quote site chmod 755 ファイル名

 GUIベースのFTPを使用している場合、対象のファイルを指定して、ポップアップメニューを表示して簡単に設定出来るソフトもありますので、お使いのソフトの説明をお調べ下さい。


FAQ


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2004-11-01 (月) 18:56:26 (5733d)